男の人

AGAを改善する方法|治療をすれば薄毛から解放される

薄毛になる原因と発毛治療

髪の毛

様々な原因と病院の治療

同じ年齢でも薄毛になる人とならない人がいます。これは体内から分泌される5α還元酵素の量に個人差があること、遺伝、血行不良など様々な要因が重なっているからです。5α還元酵素は男性ホルモンと結合してジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛ホルモンを作ります。前頭部と頭頂部には脱毛ホルモンを受け入れる受容体があるため脱毛が始まります。受容体数が遺伝子に組み込まれており子から孫へと引き継がれていきます。受容体数は脱毛範囲と比例し、受容体が多いほど脱毛範囲も広くなります。AGAの症状は20代から40代以降の男性に多く見られます。これはストレスや寝不足などの生活習慣の乱れによる血行不良が関係しています。ストレス、寝不足、喫煙、飲酒などは血管を収縮するので血行不良の原因になります。血行不良になると発毛に必要な栄養が毛根に送られなくなり毛母細胞の機能が低下してしまいます。AGAはこのような要因が重なって発症しますので、AGAを治したいときはクリニックの治療が必要になります。千葉のAGAクリニックでは5α還元酵素の働きを抑制する内服薬を処方しています。内服薬はプロペシアやザガーロなどが主に使用されており薬の効果で脱毛がおさまり抜け毛が減ってきます。そして、収縮した血管を広げる作用を持つミノキシジル外用薬で血流を改善します。これらの薬は穏やかに効いてきますので、千葉のAGAクリニックでは半年間以上の治療を勧めています。通いやすい立地にある千葉のクリニックを選ぶのも良い方法です。1年以上の継続で薬の効果が高まりますので途中で止めないようにしましょう。千葉のAGAクリニックで治療せずに、自宅で対処したい方はノコギリヤシやイソフラボン入りの商品やミノキシジル配合の育毛剤も販売されています。これらの市販品は初期のAGA症状におすすめです。